【高利回り特集】ソーシャルレンディングで資産運用!

総合ランキング

株式会社ブルーウォールジャパン
オススメ度★★★★★
グリーンインフラレンディング
オススメ度★★★★☆
トラストレンディング
オススメ度★★★★☆

Home > ソーシャルレンディングの資産運用情報 > ねらい目の業界

ねらい目の業界

ソーシャルレンディングが個人投資家にとって有利と評価され、口座開設数や預り金額が飛躍的に増加してきており、今後も伸び代があると期待されています。2chなどのネット掲示板でも話題となっており、本当に儲かるのか利点はどこになるのか等、盛んに議論されています。注目された理由の一つには、大盤振る舞いとも言えるキャッシュバックや、投資家に有利なキャンペーンの実施などによるプロモーションの成功とも言えます。
市場規模が拡大しており、2017年以降の業界動向も期待できるものとされています。お得なプロモーション以外にも注目された理由があります。すなわち、少額参加が可能であることや、銀行預金に比べてはるかに高利回りの案件が多く提供されている点です。インターネット上で公募した資金を直接、事業者へ融資することができ、無駄なコストをかけずに資金の流動性を実現しています。休眠資産を投資へ向けさせる一助となっており、これは国策が掲げるスローガンとも一致しています。

投資としてねらい目となっているソーシャルレンディング業界で、注目すべきサービス提供会社はどんなところか、ランキングの上を占める代表的な会社の特徴を見ていくこととします。『みんなのクレジット』は、業界の中では後発の会社ですが短期間に口座開設数を増やしてきており注目株であると言えます。
最低投資額が10万円と、やや高めながらも、最高利率14.5%といった高い利回りが大変、魅力的です。『ラッキーバンク』の利回り6%以上の高利回りと、最低投資額1万円といった参加のしやすさが評価されています。小口の一般投資家や初心者にとって、心理的なハードルが低く気軽に参加できるメリットがあります。『クラウドクレジット』は海外ファンドの取扱いに特化しており、他社に比べて投資対象の特性が為替の影響受けます。
為替変動の影響を抑えるために、為替ヘッジ付きの投資案件を選ぶことができるようになっています。『SBIソーシャルレンディング』大手のSBIグループが運営に関わり、安定した財務状況が信頼されています。証券タイプと不動産タイプのファンドを取り扱っています。

ソーシャルレンディング・サービスを提供しているねらい目の会社をピックアップし、投資対象として検討する際のポイントを見ていきます。『みんなのクレジット』は全ての投資案件に、120%の不動産担保が設定されますので、万一、融資先が返済不能な状態になったとしても、資金回収の手段が残されています。
高利回り案件が多く分散投資することで、リスクを低減していくことで、安定した資産運用の対象となりますので注目されています。『ラッキーバンク』も同様に高い利回りを実現しています。最低投資額が低めに設定されていますので、初心者が始めやすい投資案件が多くあります。『クラウドクレジット』は、バックボーンに伊藤忠商事があり、財政状況が良好であることから信頼が置ける会社と評価されています。
海外案件に強みがありますので、ポートフォリオを組む際に、投資物件の多様性を持たせるために検討すると良いでしょう。SBIグループが100パーセント出資した会社が『SBIソーシャルレンディング』です。経営母体が安定していますので、安心して取引をすることができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP