【高利回り特集】ソーシャルレンディングで資産運用!

総合ランキング

株式会社ブルーウォールジャパン
オススメ度★★★★★
グリーンインフラレンディング
オススメ度★★★★☆
トラストレンディング
オススメ度★★★★☆

Home > ソーシャルレンディングの資産運用情報 > ソーシャルレンディングのリスクとインターネット

ソーシャルレンディングのリスクとインターネット

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの貸付型の投資方法で、インターネットと深くかかわっています。
インターネットで投資家から資金を集めて、投資対象に資金を貸し付けて収益を得るという仕組みで、実例は米国などで良く知られています。
日本では投資に関して保守的ですし、政府も規制が厳しいということで、なかなか広まらない状況でしたが、あまりにも長い超低金利で、ソーシャルレンディングのリスクを取ってもリターンを得たいという人たちが増えてきたということになります。
そのくらいのリスクは取ることができるという投資家が投資をしている方法ということになります。
投資対象も多くなってきているので、良く投資対象を見極めて、リスク管理をしながら投資をしていく必要があります。
これから社会にさらに馴染んでくることで、投資先としてのノウハウも積み上げられていくということになります。



ソーシャルレンディングのリスクとリターン

ソーシャルレンディングは貸付型のクラウドファンディングですが、もともとはクラウドファンディングというと寄付やお金を集めてのアイデア商品などを制作してそれらの製品を受け取るというところから広まってきました。
それは当然。
資金を集めてそれを有望な投資先に投資をして収益を分配したいという考え方に移行してきます。
その貸付型のクラウドファンディングがソーシャルレンディングですが、その点もよく理解しておく必要があります。
それはリスク管理での信用面で重要になってくるからです。
収益のリターンは投資先によって大きく変化しますし、信用ができるかどうかということが関係してきます。
それでソーシャルレンディングの場合には、信用できる投資対象からの収益が得られるかどうかということが重要になってきます。
その点もよく理解して投資をする必要があります。



ソーシャルレンディングに存在する貸し倒れリスク

ソーシャルレンディングのリスクには貸し倒れのリスクが通常の投資信託よりも大きくなってます。
ソーシャルレンディングは投資を行い、通常よりも高い利率を持っているメリットがあり、その反面として貸し倒れとしての危険度も大きくなってます。
通常の投資信託では、貸し倒れになる事を回避するように審査を行っている事から、安全に投資を行っており、確実にリターンを得る事が出来ますがその分の利益率が少ない事もあります。
ソーシャルレンディングの場合は投資を行い、確実にリターンが返ってくる投資担保と呼ばれる存在がある場合等が条件として盛り込まれている物もある事から貸し倒れが発生しても全損を回避してある程度の危険度を抑える投資案件を選択する事が危険度を抑えて、リスクをコントロールする事が出来る案件が好まれる傾向にあります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP