【高利回り特集】ソーシャルレンディングで資産運用!

総合ランキング

株式会社ブルーウォールジャパン
オススメ度★★★★★
グリーンインフラレンディング
オススメ度★★★★☆
トラストレンディング
オススメ度★★★★☆

Home > ソーシャルレンディングの資産運用情報 > ソーシャルレンディングのリスクを低減する方法

ソーシャルレンディングのリスクを低減する方法

ソーシャルレンディングは高い利率の配当が魅力の新しい投資手段です。
インターネット上に構築された専用サイトで、出資が募集され資金を集約してから融資が開始される仕組みとなっています。
法律によって融資先とは匿名契約が原則となっていますので、リスクの見極めが限られている点はデメリットとなります。
元本が保証されていない投資となりますので、万が一の時への対処が必要となります。
融資先が借入金を返済できなくなる事態、いわゆる貸し倒れは少なからずありますので、リスク要因であると認識しておく必要があります。
対処方法は主に2つあり、サービス提供会社が用意している担保設定付きの案件のみを対象にする方法と、他の投資案件と組み合わせる分散投資です。
担保によって万が一のときの資金回収が可能になりますし、他のジャンルの投資案件を組み合わせることで、共倒れのリスクを低減することが可能となります。



ソーシャルレンディングのリスク回避の方法とは

ソーシャルレンディングは少額参加できる投資ながら、高い配当が期待できるために個人投資家から熱い視線を浴びています。
短期間で口座開設数を伸ばしていることからも、期待の高さを伺うことができます。
元本保証されない投資ですので、投資資金を保全するための方法を、予め講じておくことが肝要です。
主なリスクには、融資先の事業不調による貸し倒れ、早期償還により配当を受け取ることができなくなる機会損失などがあります。
特に前者の貸し倒れは、投資資金が回収できなくなることですので、可能な限り避けたいリスク要因となります。
ジャンルの異なる複数の融資先を投資対象とすることで、元本割れの可能性を低減することができます。
例えば国内案件で、不動産事業に偏っていると判断できたら、一部の案件には海外投資案件を組み入れるなどの方策を取ることで、リスク軽減を図ることができます。



ソーシャルレンディングはリスク無く投資が出来ます

ソーシャルレンディングはリスク無く投資の出来る投資方法として、多くの方が実践をしています。
株式や為替とは違い、事業資金を求める企業への資金貸付を行う形での金融商品という形を取ることで、リスクも少なく高利回りを得ていくことが出来るようになっています。
企業への資金貸付ということで、貸倒のリスクを考える方もいますが、貸付にあたってはソーシャルレンディング業者で厳格な審査を実施していますし、担保や連帯保証人の提供も求めていますから、初めての方でも安全な投資を行っていくことが出来るようになっている商品です。
運用期間も3ヶ月単位という短期間ですので、安全で確実な運用を行っていくことができ、間違いの無い利益を得ていくことが出来るようにもなっています。
安全で確実な利益を得ていける投資商品として多くの方に指示をされているソーシャルレンディングで間違いの無い資産構築を実践していくようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP